保証をするための構造

samnail3

ブリリアが提供している物件は、他の中古マンションと違って、きちんと商品価値を保証するための構造が整備されています。
ブリリアと契約をして物件を売りたいと考えるオーナーからの相談を受け、実際に契約が締結されてからのシステムが、商品価値とブランディングに繋がっています。

まず、一般の中古マンションでの不動産仲介契約における引き渡し以降の保証期間は、多くの場合非常に短いです。
瑕疵担保責任といわれる、購入者に説明されることのなかった不具合に対する保証は、一般的に有効期間が3ヶ月です。
そして、住宅設備機器に関しての不具合に対する補償は、一般的に7日間です。
さらに、これらの保証は個人である売主の責任において行われます。ですが、ブリリアの扱う中古マンションはそうではありません。

ブリリアが扱う中古マンションに関しては、瑕疵担保責任の分野においても、住宅設備機器の分野においても、保証会社が2年間保証してくれます。
その補償を行うために、第三者機関に依頼して住宅設備機器の検査を行っています。
専門家である第三者を間に挟むことによって、間違いなくトラブルが起こるわけがないという補償と安心感に繋がっています。
専門家が検査しているという事実があるからこそ、中古マンションの品質に信頼感が生まれます。

他の不動産仲介業者には存在しない、建物の安心感と品質を維持するための工夫がなされているからこそ、ブリリアは良質な中古マンションを扱っているといえます。